自由診療のご案内

発毛外来

AGAの治療は継続することが大切です。フィナステリド「サワイ」(0.2mg、1mg)、フィナステリド「ファイザー」(0.2mg、1mg)がさらに継続しやすい価格になりました。

初診料 採血がある場合
2,000円
+

フィナステリド「サワイ」(プロペシアジェネリック)

もしくは

フィナステリド「ファイザー」(プロペシアジェネリック)
【28日分】
 ・4,700円(1箱の場合)税込
 ・4,500円(2〜6箱の場合)税込

もしくは

プロペシア【28日分】7,700円税込×月数分

もしくは

ザガーロカプセル(0.5mg)グラクソ・スミスクライン
【30日分】9,000円税込×月数分

採血のない場合
無料
再診料 無料

AGA(薄毛、抜け毛)に飲む発毛薬プロペシア(0.2mg、1mg)、フィナステリド「サワイ」(0.2mg、1mg)、フィナステリド「ファイザー」(0.2mg、1mg)、ザガーロカプセル(0.5mg)処方します。
また、アロビックス(塩化カルプロニウム5%液)を処方します。
詳しくは以下の関連ページをご覧ください。

関連サイト(TKクリニック別サイトに移ります)

ダイエットにんにく点滴

1回 3,500円

Aブドウ糖、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCと、カルニチンとαーリポ酸が配合された、脂肪を燃焼させるための点滴。100mlで、カロリーは20キロカロリーです。カルニチンによる脂肪酸の代謝ダイエットと名づけましたが、1回のみで、痩身効果は期待できません。しかし、疲れて、体が脂ぎって、うまく脂肪が燃えないで、エネルギーが作られていない、枯渇してきたと、感じるとき、抜群の疲労回復効果があります。注射にすると、あまりにも急速に脂肪が燃えて、エネルギーが一度に大量に作られるため、心臓に負担がかからないように点滴のみで行っています(ゆっくりなら、まったく問題はありません)。体内のカルニチンの濃度を上げ、脂肪代謝の律速段階を早め、αリポ酸(アルファリポ酸)、ビタミンB群で電子伝達系を賦活させます。30分ほどの点滴です。

カルニチンは脂肪酸をミトコンドリアのマトリックス内に運んでくれます。これが、脂肪の代謝のもっともゆっくりした反応(律速反応)といわれていて、脂肪酸が燃える速度を調節しています。年をとると体内のカルニチンは減少します。また、カルニチンはアミノ酸に分解されるので、体内に入れてやるのに注射の方が効率がいいのです。ダイエットにんにく点滴は年齢による脂肪燃焼効率の低下を改善し、3日間エネルギーが満ち溢れる点滴です。

その他、希望によりビタミンCを追加することにより効果が高まる場合があります。ご相談ください。

プラセンタ注射(メルスモン)

1回 1本 1,160円(2本 2,000円)

人の胎盤由来のエキス製剤の皮下注射です。簡単にいうとヒトの胎盤を高性能の圧力釜で1時間以上蒸して、そのエキスを取り出した物です。自分にも打ちましたが安全だと思っています。プリオンは蛋白ですが、メルスモンはアミノ酸のレベルにまで、分解されています。ですから、この方法で抽出したものが、もしだめであれば、現在、手術室などで行われている消毒や滅菌は意味がありません(ですから、逆に安全と考えています)。
乳汁分泌不全、更年期症候群には保険適応がありますので、年齢など一定の条件を満たす方には健康保険での注射が可能です(現在、更年期症候群の保険での注射は、45歳から60歳までの女性の方に限定しております)。

消化器がん血液チェック(RNA マイクロアレイ検査)

検査料 70,000円+消費税

今までの血液検査での癌のスクリーニングは、癌が産生するタンパクなどの腫瘍マーカーを測定して判定するものでした。そのため、小さな癌ではそのような物質が血液に混じる量が少ないという問題点や、進行癌でもその物質の産生が増えていなかったり、正常でも元からその物質の産生が多い人などもあり、其の判定の精度は高くありませんでした。今までの腫瘍マーカーによるスクリーニングでは、早期のがんでは前立腺がんのPSA以外ではほぼ使い物になりませんでした。そこで、腫瘍そのものが作り出す物質そのものではなく、体の免疫などがどのような状態になっているのかに注目したのがこの検査です。血液は多くの有核細胞である白血球を含んでいます。白血球は体の隅々を巡りパトロールをしています。この遺伝子の発現が体の状態により異なってきます。この白血球が現在どのような状態にあるかを知ることで、癌があるのか、ないのか、罹患部位はどこなのかなどを、推定するというのがこの検査です。近くで火事が起きた時、火事や犯罪の存在を知るのは、火事の火や煙ではなく、野次馬の動きや消防車のサイレンの音です。街角に警察官が多く立っていたら犯罪が何か起きているのではないかと推定することができます。論理的には、どんな癌でも将来的に推定することが可能だと思います。今回消化器がんに限定しているのは、元々、この研究を始めた先生が金沢大学の消化器外科の先生で、多くの消化器系癌の診断と治療に携わり、その時の血液をマイナス80度で保存していたので、実際の癌の病態の血液を突き合わせてパターン分類をすることが可能だったからです。血液のアミノ酸の濃度でスクリーニングを掛ける方法も始められています。パターン化認識という意味でこちらもある程度有効だと思いますが、20種程度のアミノ酸の分析と数万の遺伝子のパターン分析では将来性において差が出るのではないかと個人的に考えています。

関連サイト(別サイトに移ります)

ED外来

初診料 1,400円〜3,000円

バイアグラ(1錠 1,600円)、シルデナフィルOD〔バイアグラ ジェネリック(1錠 1,100円)〕、シアリス(1錠 2,000円)、レビトラ(1錠 1,700円)の処方をいたします。

INFORMATION
TEL 052-851-1648
地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」徒歩1分
〒467-0017 名古屋市瑞穂区東栄町8-5
アクセス